マンションを賃貸に出すことにしたらいろいろと大変だった

まさかの転勤

まさかの転勤 | まさかの親戚 | でも大丈夫!

転勤はないものと思っていたので新築のマンションを購入したのですが、会社が合併した影響でどうしても数年間は別のところにいかなければならなくなりました。
どうしたものかと考えていたですが、いずれは戻ってくる予定がありますし、いろんな物件を比較して悩みに悩んで購入したので手放したくはありません。
かといって住宅ローンを抱えている状態でマンションを維持するために家族が別の場所で住むのは経済的な負担が大きくなるので、いっそのこと賃貸に出すことにしました。
そうすれば家賃が入ってローンの返済が少しは楽になります。
そこで心配になるのは、いないときだけ都合よく貸すことが出来るのだろうかということです。
もし、戻ってきても誰か住んでいるようであれば、住まいがなくて困ったことになります。
それでいろいろと調べてみたら、リロケーションという形で賃貸に出せば、賃貸契約の期間は大丈夫だということがわかりました。
普通の契約だと、それなりの理由がなければ入居者が解約をすると言わない限り更新し続けなければいけないわけですが、リロケーションで交わす定期借家契約というものは最初に期間を区切っておけば、それ以上の更新はないということです。
まさに転勤をしている間だけ賃貸に出すのであればうってつけでした。
そのためには入居者探しや貸している間の管理などを任せる業者を探す必要があります。
そこでいくつかの業者に資料請求と家賃相場や費用などの一括見積をしてみました。
もちろん、正しく判断するためには、周囲のマンションがどのくらいの家賃で貸し出されているのか、といった下調べはしてあります。
相場とかなり外れているところは除外して、中間くらい家賃や費用を設定している業者を選定です。
ただ高いか安いかというだけで選ばずに、ちゃんと入居者を選んでくれるのか、貸している間の報告はどうなっているのかといったこともよく確認したうえで比較しました。
そうして吟味を重ねた上で業者を決定です。
そこからは正式に契約をして、入居者の募集になります。

マンションを賃貸に出すことにしたらいろいろと大変だった : レントライフ横浜