マンションを賃貸に出すことにしたらいろいろと大変だった

まさかの親戚

マンションを賃貸に出すことにしたらいろいろと大変だった : レントライフ横浜

それでスムーズにことが運ぶかと思ったのですが、思わぬ横やりが入りました。
というのも親戚が他人に貸すくらいならば自分に安く貸して欲しいと言ってきたのです。
最初にそういう話が出ていれば、考えなくもなかったのですが、もう業者と契約を済ませてしまった後です。
それに、その親戚というのは誰かの結婚式や葬式で顔を合わせたくらいで、ほとんど交流らしいものはありません。
それで少し不快になって、絶対に断ろうと決断しました。
そうしたら、他の親戚も巻き込んで、マンションを貸せと騒ぎ出して、その対応にかなりの時間と手間がかかりました。
最終的にはもう二度と顔を合わせないという約束をさせて黙らせましたが、それを非難する親戚もいて後味の悪い結果でした。
余計なトラブルに対処して、ようやく入居者探しということで、広告を出してもらい入居希望者の募集を行いました。
期間限定ということで、どうなるものかと思っていたのでですが、思っていたよりも借りたいという人がいて安心です。
そこから条件についての話しあいや審査の段階になります。
内覧をしたいという人もいたので、タイミングを合わせて見てもらう時間も設けました。
業者の方でめんどうなことはやってくれるとはいえ、転勤前で忙しい時期だったのでじっくりと考えられる余裕はなかったかもしれません。
それでも、家賃滞納や近隣トラブルなどをおそらく起こすことはないであろう人を選び出すことができました。
そこでいざ賃貸契約を交わすということになります。

まさかの転勤 | まさかの親戚 | でも大丈夫!